「ダイヤモンドのプリンセス」は鮮やかな祭りのプログラムで迎えられました。

2018年8月01日

「ダイヤモンドのプリンセス」は鮮やかな祭りのプログラムで迎えられました。

 

 

7月31日(火)5時午前に、ウラジオストクの岸に「ダイヤモンドのプリンセス」船は係留しました。日本から約3千人の外国人観光客は沿海地方を知るのに着きました。海駅の展望台では、鮮やかな祭りのプログラムでゲストを迎えました。伝統によると、開演式は極東国家水産大学の若者のセンターのドラマーの分隊によって開始されました。大学の創作的集団はロシアの世界中有名なフォーク・ダンスと歌を演奏しました。ターミナルの下部の平面台で沿海地方の観光情報センターの専門家はゲストを迎えて観光客には、徒歩のルートとウラジオストクの名所の地図、さまざまな言語の案内書、お土産物を申し入れました。特別なスタンドでは、客は海上巡航の費用とルートに関する情報を知ることができました。

「ダイヤモンドのプリンセス」は3年間の中絶の後に沿海地方に戻りました。この入港は、2018年のシーズンのクルーズの巨人の地域へ4回目の訪問でした。今年の2月から沿海地方をAmadea、Costa Neo Romantica、Costa Serenaのような大きい船はすでに訪れて、約5000人の外国人観光客がこの地域を訪問しました。